任意整理のまとめ

任意整理のまとめ に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

任意整理
 任意整理イメージ図です。
 クリックすると別窓で大きくなります。

 



◆Aさんの場合
Aさんは消費者金融から借金する時、契約書とは別に「もし借金が返済できなくなったら、給与を差押えられても文句は言いません。」という内容→(正確には、「金銭債務を履行しないときは、直ちに強制執行に服する旨の陳述」という文言になります。)を記載した公正証書という書類を作成しました。


Aさんは、順調に借金を返済していましたが、身内の急な入院等で出費がかさみ借金の返済が苦しくなったために、弁護士と相談して任意整理をすることになりました。


弁護士は高利金融と話し合いを進めましたが、消費者金融業者は聞く耳を持たず、裁判所に対して給料の差押えを申立て、給料を差し押さえてしまいました。


任意整理の場合には、このような事態が生じてしまう可能性があります。そのような場合には、特定調停を利用して強制執行を停止してもらう必要があります。



公正証書という書類とは?
公証役場というところにいる公証人という特別の権限をもった人が作成する書類のことで、この書類は裁判所の判決と同じ効力を持ちます。裁判所の判決と同じ効力を持つということは、改めて訴えを提起して裁判所の判決等を得なくても、裁判所に対して強制執行を申し立てること(給料等を差し押さえること)ができるのです。

■人気blogランキング
■債務・借金ランキングへ
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ooitajikohasan.blog110.fc2.com/tb.php/61-1076b4aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。