【自己破産】破産が認められない場合とは?

【自己破産】破産が認められない場合とは? に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

■「破産」が認められるということ=借金の返済が不能だと認定される


明確な基準はないようですが、負債総額に加えて債務者の年齢・職業・収入から総合的に判断されます。



例えば500万円の借金があっても年収が600万あるサラリーマンだと認められないケースが多いです。


一方、借金は100万円でも、年収60万程度のフリーターの場合は認められることが多いようです。



その目安は??
毎月の収入(手取り金額)から最低必要生活費を引いて、毎月いくら返済できそうかを検討し、3年間で全額返済できない場合は自己破産が適応されるようです。


破産の手続きを申し立てをしたが、認められませんでした・・・
となる前に一度地元の弁護士、司法書士にご相談される事をオススメします。


*破産手続きの場合は弁護士・司法書士どちらでも大丈夫です。

■人気blogランキング
■債務・借金ランキングへ
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ooitajikohasan.blog110.fc2.com/tb.php/43-4c57bb00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。