パチンコと脳内麻薬物質【2】

パチンコと脳内麻薬物質【2】 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

■パチンコと脳内麻薬物質
大当たりすると、しばらくは興奮状態が続きそうですが…。
リーチがかかると大当たりを予期して興奮し、心拍数も上がります。そして、期待通り大当たりすれば、脳内麻薬物質の分泌量が増し鎮静効果となって「ほっとする」→「リラックス」状態になっています。
パチンコをよくする人ほど脳内麻薬物質の増加量が多いということは、パチンコに打ち込めば打ち込むほど、「リラックス」度合い、得られる快感が大きくなるというわけです。
つまり、パチンコにはまる人は、「ドキドキして楽しい快感」よりも「ほっとする快感・リラックス感」にはまってしまうのです。

■人気blogランキング
■債務・借金ランキングへ
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ooitajikohasan.blog110.fc2.com/tb.php/28-e781834d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。